ベージュチェスターコートのコーデ!万能カラーベージュの着こなし術

とにかくベージュは万能カラー。季節やアイテムにかかわらず、かわいくもなり、上品にもなれる優秀なカラーです。ベージュのコートは着やすくて使いまわしやすい。冬はすべてのアイテムがダークカラーにかたよりがちなので、ベージュでふわっと明るい色をいれるとおしゃれ度がアップします〜。

 

ベージュチェスターコートのコーディネートPOINT

 

■ベージュのチェスターに白ニットを合わせれば上品かつきれいな印象
ベージュはあらゆるカラーと合わせられるけど。おすすめは白とのコンビです。たとえば、膝上のベージュチェスターには真っ白のハイネックニットがとってもきれいに合う。優しくて上品な印象だし、なによりも顔色が明るく見えるのがいいよね。冬はどうしてもメイクも暗めになっちゃうからね〜。
ベージュ×白ニットのコーデでボトムに何をはくか。これは考えるところだけど、普通にデニムじゃつまらない。ダークグリーンベースのチェックパンツが正解なのだ〜!チェックパンツって着るのにちょっと勇気がいるけど(笑)、ダークグリーン×白×黄色が入ったチェックなら、コートともトップスとも色があってなじみやすい。全身がスッキリおさまります。
シューズはベージュのパンプスにしてくださいね〜。どこまでも柔らかいイメージで行こう♪

■チルデンニットの白とネイビーラインが冬でも軽快なイメージ
白トップスのコーデをもうひとつ。Vネックのチルデンニットという手もあります。チルデンニットはクリケットセーターとも言い、白地のニットで襟元と裾にネイビーか黒のラインが2〜3本入っているものです。スポ——ティなので冬のコーデに軽快さをつけたいときに最適。
ボトムにはちょっとだけダメージがあるストレートデニムをはいて、裾はロールアップ。シューズも足の甲が大きく見せられるポインテッドトゥのヒールにしよう。コートを着てしまうと、どうしても肌見せする部分が少ないから、せめて足の甲を見せてバランスをとってね。

■ベージュチェスターにえんじチノパン、パンツのカラーがきわだつコーデ
パンツ続きで申し訳ないけど、ベージュチェスターならではのコーデでカラーパンツをはくっていうのがある。これがまた、キュートなんですよ。ボトムにえんじのチノパンをはき、トップスに黒の丸首ニットを着る。ニットのインナーは白襟付きシャツがいいよ。これでベージュチェスターをはおると、ボトムのえんじパンツがものすごい上品な存在感をだします。
足元は白のスニーカー!シャツと色を合わせて統一感を作るのもお忘れなくね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です