ユニクロの「白ジャケット」どう着こなす?参考コーデ術

白いジャケットの清潔さには、他のどんなアイテムよりも圧倒的な存在感がある。何を着るよりも、白ジャケットをきれいに着こなしている人にはかなわない感じがするのよ。それだけ大人なアイテムといってしまえばおしまいなんだけど、こいつをカジュアルかつキレイめに着くずすのがおしゃれ野郎の実力じゃないですか〜!

 

ユニクロの「白ジャケット」のコーディネートPOINT

■白い麻ジャケットにはロゴTシャツときれいなダメージデニム
ユニクロの白ジャケットといえば、夏の麻ジャケット。これね、とてもこの価格とは思えないほどの完成されたラインです。それだけに、着るほうも心してコーデしないと、ジャケットにすべてを食われちゃう。体から、ジャケットが浮いているみたいな情けない結果になるんです。
白の麻ジャケットのインナーは、徹底的にきれいアイテムでそろえましょう。トップスにはロゴ入りの白Tシャツ。白地に黒のロゴが入ることで、インナーとジャケットが真っ白になっちゃうことを防ぎます。丸首Tシャツなら、ネックラインにアクセをつけてね。
これでボトムにはストレートラインのちょっとだけダメージデニム。いいですか、デニムはちょっとだけダメージっていうのが大事ですよ!たくさんダメージだと上下がバラバラになっちゃいますからね。
■ノーカラーの白ジャケットにニットとエレガンス系パンツでマダム風
ユニクロはノーカラーの白ジャケットもなかなかいいものがそろっています。あ、ノーカラーって襟なしジャケットのことね、色なしっていう意味じゃないわよ(笑)。
白のジャケットの下に、サックスブルーのサマーニットを着て、ボトムはネイビー×白のストライプパンツ。ノーカラーが優しい印象だけに、ボトムもややワイド気味のエレガントパンツにしてほしい。ニットはパンツにインして、細めのベルトをしめてレディな印象をしっかり作る。だからシューズもストラップ付のハイヒールですよ。ミドルヒールでもいいけど、きれいな形のシューズにしよう。
サマーニットとワイドパンツというマダムなよそおいに白ジャケット。いかにも大人の雰囲気です。

■白ジャケットとフレアースカート、定番ですがやはりハズレなし
もっともっときちんとしたければ膝丈のフレアースカートと合わせます。インナーにアイボリーのニットを着て、ノーカラーの白ジャケット、ボトムにはダークグリーンのフレアースカートをはきます。白ジャケットの丈が短いのにあわせて、スカートは長くても膝丈くらいで止めておきましょう。あんまり長いとマダムっぽくなるからね。膝丈なら動きもあって軽快です。
シューズは白のモカシン。白のモカシンなんてあっという間に汚れるから、1回のお出かけではき捨てるようなもんだけど、やっぱりスリッポンよりはモカシンがいいんですよ。白のミニバッグをもって完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です