青チェスターコートのコーデ!上品なイメージの青チェスターの着こなし術

「青のチェスターコートはいろんな色をためして、自分のブルーを見つけよう」
青のコートといっても色味がさまざま。あかるいピーコックブルーからネイビーに近いようなダークブルー、上品なイメージのロイヤルブルーなどなど、青は冬のコートに使うにはとってもいいカラーです。チェスターコートはデザインがやや保守的なので、多少やんちゃなブルーを使っても、きれいにできてしまう。すごいコートだなあと思いますね。

青チェスターコートのコーディネートPOINT

20160304070324110_276

 

■ロイヤルブルーのコートにフランネルのチェックシャツを合わせて
青の中でもチェスターコートにぴったりなのが、ちょっと紫がかったロイヤルブルーです。これは膝丈くらいのコートにすると、ものすごい上品に見えます。1枚はおるだけで、インナーがどれほどカジュアルでもきれい系に仕上がってしまうという恐るべきアイテムです。

 

だからこそ、カジュアルに着るとカッコいい。トップスに短めのフランネルチェックシャツ(チェックの色はネイビーブルー×赤×白)を着て、ボトムはベージュのチノパン。チェックに少しでいいので赤味を入れるとコートとなじみがよくなります。
これでシューズは黒のローファー。完全カジュアルに見えるんだけど、ロイヤルブルーのチェスターを羽織ったら、すべてのものがしっくりおさまります。

■軽快なターコイズブルーのチェスターコートには、ボーダーニットとスキニーパンツですっきりと
もうちょっと明るいブルーのコートがいいわ〜っていう人、おすすめはターコイズブルーですよ。ロイヤルブルーよりも明るくて軽快な感じがします。冬にターコイズをうまく着こなしている人を見ると、とびぬけてセンスよく見えますね。

 

ターコイズの軽さを生かしたいので、インナーには白と黒だけを使いましょう。トップスに白×黒のボーダーニットを着て、ボトムは黒のスキニーパンツ。すっきりした印象をまとめるために、シューズは黒のスリッポンにするといいでしょう。ブルーと黒の組み合わせがいかにも大人です。

■ブルーチェスターにパープルのニット、これで顔まわりを華やかに
ブルーのチェスターをキュートに着るにはどうしたらいいのかと考えたところ、薄いパープルのニットとあわせるといいってことに気がつきましたよん。普段なら「オバさまカラ—じゃん」とスルーしてしまう薄紫だけど、ダークブルーのチェスターの下に着たら顔色が華やかに見えるんです。
いやはや、いろんなアイテムをためしてみるもんですね〜。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です