白チェスターコートのコーデ!清楚な雰囲気の白の着こなし術

冬の白って着こなすのが難しい気がする。けど、うまく着られると凛とした清楚な雰囲気でとってもきれいだよね。白のチェスターコートのインナーに、いろいろなカラーを持ってきて楽しむというのは、冬にしかできないコーディネート。服も小物もとっかえひっかえできるの、やってみるとかなり楽しいです。ハマりそう〜。

白チェスターコートのコーディネートPOINT

 

20160207170548006_276
出典:http://wear.jp/

 

■冬の白アイテムはラインが大事!ボディに沿ってラインができるか試着して確認を
白チェスターコートを買う場合は、試着してコートのラインがきれいに出るかどうかを確認すること!チェスターコートの場合、ラインが一番大事で、試着が着こなしのコツといってもいいくらい。ボディにきれいに沿ったコートを買えるかどうかが、冬のコートの勝敗を分けるんです。しっくりきたら早速買って、インナーであらゆるカラーとアイテムを試してみよう。

 

チェスターコートのカジュアルコーデではボーダーを合わせる人が多いけど、白チェスターに白×黒のボーダーでは面白くもなんともない。ここはあえて赤ベース×黒のボーダーニットをチョイスしよう。人目を惹くトップスを着るときは、全体の色数をおさせてインパクトのあるアイテムを目立たせるのが鉄則だから、ボトムは八分丈の黒スキニーデニムにするといいよ。

■モノトーンコーデといっても、黒でなくてダークグレー+白チェスターがおしゃれ
白チェスターを使ってモノトーンコーデする場合は、インナーを黒ではなくてダークグレーにするとおしゃれです。白と黒ではパッキリしすぎて、優しい印象にならないの。その分、カッコいいんですけどね。

 

ダークグレーのケーブルニットワンピと白チェスターのコーデはかわいいですよ!ニットワンピは膝丈で、オフタートルがおすすめです。アクセサリーは何もなしで、シンプルな組み合わせでいきましょう。
シューズは黒のロングブーツ。仕上げに白のクラッチをもてば完ぺきなモノトーンコーデでしょう。

■白チェスター×白トップスにシャツで差し色を入れる
インナーに白を使って、白×白に差し色をいれるのもカッコいい。トップスに白の丸首ニットを着て、中にはサックスブルーのシャツを着る。ブルーの襟が差し色になるので、色合わせは慎重にね。

 

ボトムは黒パンツ、シューズは黒のスリッポン。ここは白チェスターを羽織ると、襟元のブルーと下半身の黒がきゅううッと全身を引き締めてくれます。白チェスターはかっこいいけど膨張するからね。なるべく黒を入れて細く見せるようにするといいんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です