秋服2016年版!これだけは押さえときたいレディースの流行り・トレンド総まとめ

秋服って、シーズンの初めに買わないとすぐにタイミングを逃しちゃう。そして秋じゅう、トレンドと関係がない定番コーデでがまんしてる…。いやいや、おしゃれ野郎としてはそんな屈辱に耐えられない!というわけで、2016〜17の秋冬コレクションから秋服のトレンドをご紹介します〜。とりあえず、これだけ買っとけってことよ。

秋服2016総まとめ

597x869xe27cae6b45f082929fbd8365

■70〜80年代レトロはまだまだツボ!効果的にエッジの効いた小物をプラスして
2016-17秋冬のトレンドで押さえてほしいのが、70〜80年代のレトロ調。この2年ばかりずーっとレトロ調を取り上げていますが、シーズンごとにどのブランドも微妙にテイストの違うレトロアイテムを出しているので、コーデするほうはやりがいがある!
2016年の秋ものでは、とくにレースやフリルといったデコラティブなトップスがおすすめです。黒のトップスにフリルをつけたものやフォークロア調のワンピースは買っておいても損はなし。とくにワンピースは淡いカラーのフェイクファーと合わせると、一気に70年代感が出ます。1枚だけでいい、このシーズンのためだけでいいからレトロワンピースは手に入れましょう。素材はベルベットがドレッシーでいいなあ、いかにも秋っぽいしね。
もっとも、レトロアイテムって全身をすべてレトロにすると、どうも重たい印象です。小物をうまく使ってエッジをきかせるのも大事よ。メタリックのバッグやペールカラーのファーコート、キラキラのついたハイヒールシューズ、ブーツでカッコよさもプラスしてね!

 

■ダークレッドなど秋色のチェックを前面に出して、ビッグシルエットを着こなそう
20140907203235438_276
出典:http://wear.jp/

 

20151014160617509_276
出典:http://wear.jp/

 

20151030171023624_276
出典:http://wear.jp/

 

20151105005433968_276
出典:http://wear.jp/

 

さて春夏と続いて、2016年の秋も必須アイテムがチェック柄です。春から着ているとわかるけど、チェック柄って奥が深いね。シンプルなアイテムでもチェックが入るとカジュアルシックな感じがぐっとくる。ふだんチェック柄を着ない人も、ダークレッド×黒×オフホワイトの秋チェックのアイテムを見ておこう。
とくにこのカラーで、ビッグシルエットのアイテムは要チェックです!チェックのインパクトが前面にでているコートやジャケットで、チェックを主役にするコーデを考え抜きましょう。というのも、今年に限ってはチェック×柄物、チェック×チェックという、無茶ブリのコーデOKだから。
全身柄物というのはどこにポイントを置くかかなり考えないとダメですが、インパクトの強いものばかりを集めて、小物で休憩するなどのメリハリをつけるといいよ。ホント、普段なら柄×チェックなんて言わないんだけど、引き続きトレンドのベースにタッキーコーデ(ど派手なコーデ)があるから、違和感がないんです!ま、心配な人はチェックコートの下をオールホワイトコーデにすると安心よ。

 

■アニマル柄はほかのアイテムとのバランスで、どこかに抜け感を作って
好き嫌いがくっきり分かれるアニマル柄。ところがねえ、これが秋冬コレクションではどんどん出てきたんだなあ。アニマル柄ブームが再発しそうなの。着るにはちょっと勇気のいる柄だけど、今年は秋物で少しだけ取り入れてみましょう。
レオパード柄(ヒョウ柄ね)は意外と取り入れやすいアイテム。たとえばジャケットをレオパード柄にしても、インナーをオールブラック、オールホワイトでまとめればシックな印象も作れます。

個人的には、レオパード柄のビッグジャケット(これもこの秋のトレンド!後で説明するよ)にグレーパーカーを合わせて、アニマル柄のパワーをすっと抜いた雰囲気で着ようかなって思ってます。さすがに、レオパード柄ジャケットの下にダルメシアンスカートをはく勇気はありません(笑)。

アニマル柄とほかのアイテムのバランスで、いかに抜け感を作るかってところがポイントです。

 

■シンプルなアイテムもビッグシルエットで新鮮に!服の中で体が泳ぐくらいでちょうどいい

20150917150114166_276
出典:http://wear.jp/

 

20151007105811055_276
出典:http://wear.jp/

 

20151011102744967_276
出典:http://wear.jp/

20151023172941663_276
出典:http://wear.jp/

そして、はずすわけにいかないビッグシルエット。春物からちょいちょい使ってきたキーワードだけど、秋はもうビッグシルエット全開って感じです。とにかくどのブランドのコレクションもめちゃめちゃ大きなサイズを出しているのよ。
肩は肩線から落ちて二の腕までかかっちゃう、袖も長くて指をおおうくらい。なんていうか、服の中で体が泳いでいるっていう空気感なの。それくらい大きなサイズでちょうどいいんです。
ニットのビッグシルエットは、女子がとってもキュートに見えるアイテム。カレシの服をちょっと借りて、着たみたいです。
この秋のビッグシルエットアイテムはシャツ、ジャケット、ニット、コートなど、ほとんどのトップスです。最初からビッグシルエットを意識したデザインだから、着るとボディラインを適度に隠してかわいらしく見せてくれます。個人的にはクロエのビッグシルエットがガーリーテイストでいい感じです!

 

【トレンドカラーは秋物には使わない淡いペールカラーとキラキラのメタリック】

秋ものはカラーで勝負。定番アイテムでもトレンドカラーをキチンと押さえておけば、ちゃんと今年の雰囲気を出せます。そこで注目してほしいのが、ペールカラー。淡い色のことです。
ペールカラーは軽い印象があるので、ふだんは春ものによく使われます。ところが2016年の秋には、ペールカラーを使ったアイテムがすっごい多い。ベビーピンクやアイシーブルーなど淡々系のカラーが秋ものダークな雰囲気とぴったり合っています。

 

とくにペールカラーのファーがいい。ミントグリーンのビッグファーやオフホワイト、ベビーピンクのファーベストを白ニットと合わせると、秋なのにさわやかな感じがします。ファーだけど使いやすい感じです。

もうひとつ忘れてならないのは、メタリックカラー!ドルガバの秋冬プレタコレクションではピンクやシルバーのキラキラワンピースを着た集団がとってもキュートだった!ワンピースで取り入れるのもいいし、シューズをゴールドやコッパー(銅色のことよ!)にすると、足元がかっこいいよ。

 

■チェックとアニマル柄は押さえておくべきポイント、メタリックの小物は使いまわせる!
いかがですか。2016年の秋は、春からのトレンドがベースにしっかり残っていて、ほどよくテイストをミックスしています。はやりものはポイントで取り入れてね。イチオシはチェックとアニマル柄。メタリックカラーの小物は秋の早い時期からしっかりチェックして。早く買っておくと、冬中使いまわせてとっても便利よ。

《他のコーデも見てみる》

初デートの服装・コーデPOINT!絶対成功させたい初デート

ぽっちゃり・デブな私が少しでも細く見えるコーデ・着こなし術【春夏秋冬の季節別】

合コンの服装・コーデポイントを紹介!女子にも男子にもウケがいいコーデをしていこう♪

男ウケファッションのコーデ・着こなしで押さえときたいポイント《秋冬編》

秋服2016年版!これだけは押さえときたいレディースの流行り・トレンド総まとめ

夏服2016年に真似したい流行りコーデ総まとめ!《レディース編》

カーディガンのコーディネート!一年中着回しのできるカーディガンの着こなし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です